xxx.com

画像の説明
what'sogasawara-menu-1

大小30以上の島からなり、その中で一般の人が生活している島は父島と母島のみです。

what'sogasawara-menu-2

父島で約2000人、母島で約500人が生活しています。

what'sogasawara-menu-3

父島は23.80平方km、周囲約52km、舗装された道路1周が約20kmで車を使って約30分でひと回りすることができます。山側は特にアップダウンの激しい道が続きます。

100%what'sogasawara-menu-4

緯度は沖縄と同じくらいに位置します。亜熱帯気候なので1年を通して寒暖の差が少なく、夏は本土並み・冬は本土よりも暖かいです。とはいえ、最近本土はヒートアイランド現象などにより酷暑続きです。それに比べれば小笠原は涼しい方かもしれません。

what'sogasawara-menu-5

飛行機がありません。定期船おがさわら丸(東京竹芝桟橋より出港)にて渡航できます。約6日に一度の運航となりますので、お越し頂くには最低5泊6日必要となります。
ちなみに片道25時間半かかりますので、5泊のうち船中泊が2泊となり、島に滞在して頂けるのは3泊となります。

what'sogasawara-menu-6

最低でも“おがさわら丸の乗船券”と“お宿の予約”は事前に手配して頂く必要がございます。(小笠原諸島は全島キャンプ禁止です!)現地アクティビティーは現地手配も可能です。
(ご出発前にご予約頂いておいた方がより有意義なご旅行になるかと思います。)

what'sogasawara-menu-7

不自由なく生活して頂くためのモノや施設は揃っております。コンビニエンスストアは無いですが、早朝から夜遅くまで営業しているスーパーや商店があり、薬局や診療所もございます。飲食店も多いです。ちなみに全ての物資は船便にて運ばれてきます。野菜やフルーツは島で収穫できるものも多くその都度店頭に並びます。

what'sogasawara-menu-8

大きく分けて陸上のツアーと海のツアーがございます。
陸:島内周遊、森歩き(ハイキングコース)、山歩き(トレッキングコース)、戦跡、ナイト、スターウォッチング等
海:ボート(南島遊覧、ドルフィンスイム、ホエールウォッチング等)、シーカヤック、ダイビング、S,U,P等

小笠原について

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional